Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

薬剤部 Pharmaceutical Department

薬の専門的な立場から
病気やけがなどでお薬を飲む時など、心配になったことはありませんか?

薬剤師専門的な立場から、患者さんにあった薬の調剤や最も適した薬物治療をご提案し、「安心して薬が飲める」と思っていただけることを目指します。どんな些細なことでも構いませんので、薬でお悩みのことがありましたらお気軽にご相談ください。

役割 Role

近年、たくさんの新規薬剤が開発されており、薬剤師としての専門的な知識がこれまで以上に求められています。薬の情報を早く・正確に入手し、医師を始め医療スタッフに周知することも薬剤師に求められる重要な役割です。

薬剤師の仕事は、患者さんに使用されるお薬全般に関わっています。患者さんが入院された際は、これまで飲んでおられた薬を調べ、その効果や副作用を確認しています。手術などの治療に支障のある薬をチェックし、他の薬に変更や休薬を医師と協議しています。また、治療で使用される薬は、患者さんの腎機能や肝機能状態、既に使用されている薬との飲み合わせなどを確認しながら調剤を行っています。薬の中には、腎機能や肝機能によって減量が必要なもの、血液中の濃度のモニタリングが必要なものがあり、逆に副作用が出てしまうものがあります。患者さんの病状に合った薬の使い方を医師に提案していくことも重要と考えています。抗がん剤は、病状を踏まえた上で内容がもっと効果的であることを確認し、専用の部屋で無菌的に調剤しています。患者さんへの医薬品情報の的確な提供は、副作用管理の面でも重要と考えます。私たちは医療チームにおける薬の専門家として、患者さんに安全に確実にお薬の投与ができるよう支援しています。

薬剤部 無菌製剤
薬剤部 

機関紙

薬剤科では、お薬に関する情報を公開しています。安心してお薬を飲んでいただくために、是非読んでみてください。

お薬豆知識  >

SITEMAP

Copyright © Hiroshima Memorial Hospital. 
Web Produced By