Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

手術室 Operative Unit

安心で安全な専門性の高い手術を支援します
安全な周術期管理のみならず、患者さんの痛みに対するケアも積極的に取り組んでいます。

手術と聞かれ多くの患者さんは、手術がうまくいくのか不安になったり、痛みに対する恐怖を覚えたりされることと思います。手術室では、外科医、麻酔科医、看護師(器械出し・外回り)、臨床工学技士など多くのスタッフが協働で手術に臨んでいます。スタッフは全員一丸となって、安心して、安全で専門性の高い、くわえて低侵襲な治療を目指しています。安全な周術期管理のみならず、患者さんの痛みに対するケアも積極的に取り組んでいます。

手術室2
手術室

役割 Role

患者さんの病状に合わせ、スタッフ協働で手術計画を立て、手術介助、感染防止、機器の整備、手術の安全かつ円滑な遂行を心がけています。

手術室では、外科医や麻酔科医をはじめ、看護師(器械出し・外回り)、臨床工学士など多くのスタッフが協働で治療にあたっています。手術前には、患者さんに手術の流れ、手術の内容、術後の過ごし方などをご説明し、不安な気持ちをすこしでも解消していただけるよう努力しています。

手術中は、スタッフがいつも患者さんのそばにいて、手術を安心して受けていただけるようにお手伝いをいたします。手術では、病気を克服するため最善の治療を追求し、安全でかつ専門性の高い、しかも体にやさしい低侵襲な手術を目指します。術後は、痛みに対する積極的な治療を行い、一日も早い社会復帰をしていただけるよう全力を尽くします。

SITEMAP

Copyright © Hiroshima Memorial Hospital. 
Web Produced By