Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

中央検査科 Department of Laboratory Medicine

迅速で正確な検査を

当科のスタッフは、生理検査部門を除き直接患者さんにお会いする機会の少ない部門ですが、私共が分析したデータは、患者さんの病態を的確に示すもので、治療方針に直結する生きたデータです。科学的な根拠に基づいた高度医療の実施にあたっては検査室の役割は大変重要であることを認識しております。今後ともチーム医療の一旦をになえる精度の高い信頼される役立つ検査室をめざします。

中央検査室

役割 Role

患者さんの診療に必要な検査を専門的な知識や技術を使って高い精度で行い、その結果を医師や看護師に報告することが私たちの役割です。

病院では患者さんの病気を診断し、治療を進めるために検査を行っています。検査にはいくつかの種類がありますが、中央検査科では、以下のように大きく3つの部門に分けることができます。

検体検査部門

検体検査部門は、血液・尿・便および喀痰など患者さんから提供された「検体」を用いた検査で、検体の中の成分や細胞について分析している部門です。外来で採血された血液は、検査室に渡された後、診察前までにすべての検査が実施されます。常に迅速・正確な精度の高い結果提出を心掛けています。

病理検査部門

病理検査部門は、摘出された組織(例えば内視鏡検査の時に採取された胃や大腸の一部、手術で摘出された臓器など)から標本を作り、病理医が顕微鏡を使って組織学的に検査する部門です。

生理検査部門

生理検査部門は、患者さんの体に色々な機械や器具を取り付け、生体内の生理的な情報を検査する部門です。例えば、心電図検査や心エコー検査や肺機能検査や脳波検査などです。生理検査は痛みを伴う検査ではありませんが、患者さんのご協力が必要な検査もあります。緊張せずリラックスしていただくと、短時間で終了します。私どもは、信頼性の高い診断を行う努力をしております。ご協力をお願いします。

日本臨床衛生検査技師会「精度保証施設認証」

当科は、一般社団法人日本臨床衛生検査技師会より「日臨技精度保証施設」の認証を受けています。これは、日本臨床衛生検査技師会主催の外部精度管理調査の結果、検査データの信頼性が十分保証されていると評価できる施設に対し、認定されるものです。

中央検査科取得認定一覧

  • 超音波検査士(日本超音波医学会 認定)
  • 乳がん検診超音波検査実施技師(日本乳がん検診精度管理中央機構 認定)
  • JHRS認定心電図専門士(日本不整脈心電学会 認定)
  • 認定心電検査技師(日本臨床衛生検査技師会 認定)
  • 二級臨床検査士(循環生理学)(日本臨床検査同学院 認定)
  • 消化器内視鏡技師(日本消化器内視鏡学会 認定)
  • 認定病理検査技師(日本病理学会、日本臨床衛生検査技師会 認定)
  • 二級臨床検査士 病理(日本臨床検査医学会 認定)
  • 細胞検査士(日本臨床細胞学会 認定)
  • 国際細胞検査士(国際細胞学会 認定)
  • 緊急臨床検査士(日本臨床検査同学院 認定)
  • 睡眠医療認定検査技師(日本睡眠学会 認定)

機関紙

中央検査科ではスタッフ一人一人がテーマを決めて、職員や患者さんにも気軽に読んでいただけるようなリーフレット【検査のパレット】を毎月発行しています。皆様に読んでいただけるような内容のものを目指しますので宜しくお願いします。

検査のパレット  >

SITEMAP

Copyright © Hiroshima Memorial Hospital. 
Web Produced By