Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

感染対策チーム(ICT) Infection Control Team

感染を未然に防ぎ
適切な治療のサポートをおこないます

感染対策チーム(ICT)の役割

  • 院内ラウンド
  • 患者や職員に、どのような感染管理上の問題が存在し、どのような対策が必要であるかを明らかにするために、組織横断的に活動する感染対策チームを作り院内ラウンドを行っています。医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師等で構成される感染対策チームでは、現場を自分達の目で確かめ、各職種の特徴を生かして意見を出し合い迅速な対応ができるチームを目指しています。

  • 感染管理教育
  • 感染管理教育では、エビデンスを基に根拠をもって職務を遂行できる医療従事者育成を目指します。特にリンクナースの育成では感染プログラム実践のサポート隊として、大きな成長を成し遂げなければなりません。リンクナース自体が目的を持って感染対策について考えられる人材育成を推進します。

  • サーベイランス
  • サーベイランスでは、感染症データの把握、感染防止技術、耐性菌患者の管理などの知識普及、実践援助、疫学に基づいた院内感染サーベイランスの実施に向けて取り組んでいます。ひとたび手術部位感染症(Surgical site infection以下SSI)が発生した場合の在院日数の延期などは患者さんやご家族にとって深刻な問題となります。患者さん、病院ともに不利益を出さないためにも、SSI発生率把握し、対策の評価をするためにSSIサーベイランスを実施しています。

  • コンサルテーション
  • 感染管理に関する問題点や治療方法について、感染対策チームが積極的にかかわっていく体制をとっています。

SITEMAP

Copyright © Hiroshima Memorial Hospital. 
Web Produced By