Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

外来治療室 Chemotherapy Center

安心して、副作用のないがん化学療法をめざして
当院の外来治療室では、潰瘍性大腸炎などに対する生物学的製剤の投与がより安全で確実に行えるよう管理を行っています。

がん化学療法(抗がん剤によるがん治療)は、新規薬剤の開発や副作用に対する医療の進歩によって、社会生活を送りながら外来でも安全にがん治療を受けることができるようになりました。当施設でも、胃がん、大腸がん、乳がん、膵がん、胆道がんなどを始め多くのがんに対し、外来通院で多くの患者さんががん化学療法を受けておられます。

外来治療室には、がん治療専門医、がん化学療法認定看護師、薬剤師や社会福祉士が連携を行い、患者さんに適切で安全ながん治療の提供に努めています。

役割 Role

外来治療室には、がん化学療法看護認定看護師というがん化学療法に関して専門知識と技術を有する看護師がいます。がん化学療法看護認定看護師は、がん化学療法を安全に、苦痛を最小限に過ごすことができるよう、患者さんやご家族と一緒に考え支えていきます。患者さんが自分らしい生活を送りながら、治療を受けることができるよう、患者さんに沿った看護の提供を目指しております。

治療を受ける患者さんのサポート

がん化学療法の副作用(吐き気や下痢などの消化器症状や発熱など)ゼロを目指して、患者さんの体調をきめ細かく観察し、十分な副作用対策を心がけています。

副作用を認めた際には迅速に対応して患者さんの化学療法がスムーズに行われるよう援助いたします。また、患者さんに病気や化学療法をご理解いただき、不安を少しでも和らげるために、丁寧な説明を心がけ、がん化学療法についての基礎知識や抗がん剤についての情報提供を行っています。副作用や病状により外来通院が困難な患者さんには、入院で治療を行う場合もありますので、担当医にご相談ください。

このようなお気持ちの方は担当医・スタッフにお声がけください

  • がん化学療法を受けることに対する疑問や不安について
  • がん化学療法の副作用とその対処方法について
  • がん化学療法の治療の選択や意志決定をする上での情報提供
その他の相談もお受けしております。

外来治療室

化学療法室外来治療室は、これまで整備していた9台の治療台に代わり、すべて電動リクライニングチェアに更新(12台に追加)し、各々にテレビやDVDプレーヤーを完備しています。治療中の患者さんの苦痛を少しでも和らげるために充実した施設で治療を行っています。

外来治療室調製室

広島記念病院外来治療室では、薬剤師による正確な抗がん剤の調製を行っています。がん化学療法では、最高の治療成果を上げるためには正確な抗がん剤の調製が不可欠です。外来治療室では、医師、看護師、薬剤師が協力し、患者さんにとって最善の治療であるのか、正確に投与されるか確認を行い、患者さんが安心して効果的な治療が受けられるように最善の努力をしています。また、がん治療薬に関する新しいがん治療法が提供できるように努力しています。

外来化学療法の安全管理と緊急対応

安全な化学療法の実施のため、外来化学療法の治療スケジュール(レジメン)は全て委員会の承認をへて登録制をとっており科学的な根拠のある治療を行っています。化学療法中の患者さんの状態については、医師、看護師などが確認し、抗がん剤によるアレルギー反応や皮下への点滴漏れなどが起こった際には、緊急に対応できる体制を整えており、迅速かつ適切な対応を心がけています。

外来化学療法での緊急窓口

082-292-1271(代表) 当院では24時間受入体制を整えていますが、時間外(17:15〜翌朝8:15)及び休診日は当直医が 対応させていただきます。

SITEMAP

Copyright © Hiroshima Memorial Hospital. 
Web Produced By