Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

褥瘡対策チーム Wound Management Team

褥瘡の発生を未然に防ぎ
各職種の専門性を生かしたベットサイドケアを実践

1人1人に応じた効果的な褥瘡予防

褥瘡ケアチームは、褥瘡の発生を未然に予防し、リスクファクター及び患者さんの状態を各専門職の視点から多面的に評価することで、患者さん1人1人に応じた効果的な褥瘡予防を行っています。

「褥瘡」とは一般的に「床ずれ」といわれ、体重が集中する骨と寝具に挟まれた皮膚組織が圧迫され皮膚やその下にある組織が死んでしまうことをいいます。褥瘡を保有している患者さんに対しは、週1回褥瘡回診を行っています。患者さんのベットサイドでケアを行い創処置方法の評価・見直し、薬剤師や管理栄養士による栄養介入など他職種と連携しながら重症化の予防、早期治癒を目指してケアを提供しています。褥瘡保有したまま退院・転院する患者さんに対しては、必要に応じ情報提供書類を作成し、褥瘡ケアの継続ができるように努めています。

SITEMAP

Copyright © Hiroshima Memorial Hospital. 
Web Produced By