Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

腹水治療センター Ascites Management Center

腹水治療のあたらしい選択として

難治性腹水とは

腹水の原因は、大きく分けて、「がん性腹膜炎などによりお腹の炎症が原因で起こる場合」、「肝硬変、腎不全、心不全などの病気により血管内の浸透圧が低下し、血管に水分を保持できなくなった場合」があげられます。

お腹の中には、通常20~50ml程度の少量の腹水があり、腹膜で産生、吸収され一定量に調整されています。しかし、腹水が原因で、お腹の張りが強くなり、思い通りに食事ができなくなることがあります。食事が十分に食べれない状況が続くと、栄養状態が悪化くなり、体力が低下し、ひいては免疫力の低下につながります。

そのままに放っておくと低栄養やがんの進行から、さらに腹水が貯留するという悪循環に陥るため、いくつかの治療が試みられています。これらの治療でコントロールができない腹水を難治性腹水と言います。

腹水の原因

  • 炎症が原因の腹水

    お腹の中で炎症が起こり、血管内の成分が溢れだした腹水でたんぱく成分を多く含みます。代表的な原因は「がん性腹膜炎」です。
     → 胃がん、大腸がん、膵臓がん、卵巣がんなどのがん性腹膜炎

  • 炎症以外に原因がある腹水

    血管内にある水分が血管外に漏れだした腹水で、たんぱく成分が少ないという特徴があります。主な原因は、次のようなものがあります。
     → 肝硬変 、腎不全・ネフローゼ症候群、心不全  など

腹水の治療法

腹水の一般的な治療法には、水分制限、利尿剤、ステロイド、抗がん剤治療などがありますが、これらの治療でコントロールができない腹水を難治性腹水と言います。難治性腹水の治療として、腹腔穿刺を行い腹水を抜く治療法がありますが、デメリットとして腹水中のアルブミンをはじめとするタンパク質などが喪失されるため、栄養低下が進行しさらに腹水が溜まりやすい状況になります。難治性腹水の治療の難しい点は、できるだけタンパク質などの喪失を防ぎながら水分だけを除水しなければいけないということにあります。

腹水の治療方法

  1. 食事療法 水分・塩分制限
  2. 投薬
  3.  ・利尿剤
     ・ステロイド
     ・抗がん剤

  4. 腹腔穿刺
  5. 腹水ろ過濃縮再静注療法(CART:Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy)

腹水ろ過濃縮再静注療法(CART:Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy)とは

腹部の圧迫感が軽減する効果があるだけでなく、患者自身の腹水を使用しアルブミンなどの必要なタンパク質を再利用できる

腹水ろ過濃縮再静注療法(CART:Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy)は、腹水を穿刺排液を行いますが、その抜いた腹水を再利用して体内に戻すという治療法です。CARTでは、腹水を抜いてがん細胞や細菌などを取り除き、アルブミンなどの有用なタンパク成分を特殊な体外循環ろ過装置を回収して、濃縮後に点滴で血管内に戻します。しかし、この治療法の問題点として、腹水の回収や濃縮に時間がかかることや点滴後にアレルギー反応などにより発熱やショック状態になることが報告されており、有効性の面から限られた施設で行われています。

改良型腹水濃縮濾過再静注療法(KM-CART)

腹水の性状は、病状によって異なり、例えばがん性腹水などでみられる血性腹水や粘液性の腹水の場合、ろ過濃縮の過程でろ過フィルターが目詰まりを起こしやすく、十分な量の腹水が回収できないことがあります。改良型腹水濃縮濾過再静注療法(KM-CART)は、ろ過回収方法を改良し、短時間でたくさんの腹水を回収できるように松崎圭祐先生(要町病院 腹水治療センター)が開発されました。大量の腹水を短時間で処理可能で、従来の方法では困難であった各種腹水の治療への応用が期待されています。CARTは保険適応の治療法で、1回あたり98,800円×保険負担率で、2週間に1度施行できます(入院費用は別途必要)。2泊3日程度の入院が必要になります。難治性腹水でお悩みの方は一度ご相談ください。

KM-CARTの特徴
  • シンプルな回路構成
  • 機械刺激によるがん細胞の破壊が少なく、免疫細胞の活性化を軽減させる効果が期待される
  • 内圧濾過方式から外圧濾過方式への変更で目詰まりを減少させ、サイトカインなどの有害物質の産生を低減できる可能性がある
  • 洗浄機能があるため、濾過器の腹水処理可能量が増え加し処理速度が速い

KM-CARTシステム図

KM-CART 治療の流れ
  1. CARTの方法は、最初にベッドに寝ている患者さんのお腹に針を刺し、腹水を貯留バッグに取り出します。腹水の排液回収の所要時間は約1~4時間、取り出す量は約3~10Lになります。
  2. 腹水の濃縮ろ過の処理は、腹水治療センターにて臨床工学技士が行います。回収した腹水を2つのフィルターに通し、体にとって必要なアルブミンやその他の蛋白成分は保持したままの状態で、腹水から癌細胞や細菌を除去し、余分な水分の除水を行います。
  3. 腹水ろ過濃縮の処理(約10倍程度に腹水を濃縮)された腹水を患者さんに点滴を行います。

広島記念病院における腹水治療

広島記念病院では、難治性腹水でお困りの患者さんを一人でも減らすことが出来るように、平成29年4月より腹水治療センターを開設しました。開設に先立って、KM-CARTの開発者である松崎圭祐先生にご講演(平成28年12月2日)いただき、また、要町病院での院内研修を行いました。腹水がなくなることにより、食欲が回復したり、痛みの緩和が得られたり、また、呼吸が楽になったり極端に低下した生活の質(Quality of life; QOL)が劇的に回復される患者さんも経験しております。腹水治療は、緩和治療の一つとしても有効で、腹部の膨満感が解消され食欲が改善するなどQOLの回復が期待できるため、がん化学療法を再開し、予後の延長も期待できると考えています。

お問い合わせ先

腹水治療センター  
TEL 082-292-1271(代表)

受付時間:水・金曜日 14:00~16:00
担当医師:外科 坂下 吉弘

外来医師担当表

※お急ぎの場合は、診療日以外でも診察いたしますので、お電話でお問い合わせください。

受付時間診察室
14:00
~16:00
1診坂下 吉弘坂下 吉弘

SITEMAP

Copyright © Hiroshima Memorial Hospital. 
Web Produced By