Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

入院のご案内

入院部屋ロケーション
患者さんが安心して療養に専念できるために。

私たちは、患者さんが安心してすごせるやすらぎの環境を整え、最良の医療サービスを提供いたします。 入院中において、わからない点や困ったことがございましたら、ご遠慮なく医師・看護師にお尋ねください。

入院の手続き

1入院のご案内
入院が決まりましたら、「入退院支援室」にて、詳しいご案内をいたします。ご不明な点があればその際にご質問ください。ご都合により、入院日の変更や取消をされる場合は、診療科窓口へご連絡ください。
入院時に準備していただくもの

入院時に準備していただくもの

1. 入院手続きに必要なもの

  • 健康保険証(国民健康保険、社会保険、後期高齢者など)
  • 診察券
  • 公費医療受給者証(被爆者健康手帳、重度障害者医療費受給者証、指定難病医療費受給者証など)
  • 入院保証書
  • 他院の退院証明書(過去3ヶ月以内に当院を含め入院をされた方のみ)
  • 印鑑

2. 入院生活に必要な身のまわりのもの

  • 衣類等 下着類(2〜3枚くらい)、パジャマ・寝まき(2〜3枚くらい)、上に羽織るもの等
  • 洗面用具 歯ブラシ、歯磨き粉、コップ、入浴用具、ヘアブラシ等 男性の方…電気ひげそり
  • 日用品 箸、スプーン、湯のみまたはカップ、ポット、ティッシュペーパー、タオル、バスタオル、上履き(滑りにくいものをお持ちください)等
  • TVイヤホン 4床室でのテレビ視聴に必要です。(売店でもお求めになれます)
  • 手術される方の必要な品物は、担当看護師がご説明します。

※主な日用品は売店でも購入可能です。持ち物に氏名の記入をお願いいたします。

アメニティ入院セットのご案内

アメニティ入院セットのご案内

入院中に必要な物品は、レンタルにてご利用いただけます。お申し込みは、看護師までお声掛けください。

  • 入院も退院も手間いらず
  • 日額制
  • 寝巻・タオル類、紙おむつは必要な枚数を使用でき、洗濯の手間も不要
料金
(1日当たり)
紙おむつ
Aセット
430円
(税別)
基本
Bセット
400円
(税別)
寝巻
Cセット
200円
(税別)
1泊2日
セット
1,160円(1入院)
(税別)
2入院当日の受付

入院当日は、指定された時間に診療科窓口までお越しください。入院のお手続き後、病棟へご案内します。

  • 健康保険証・公費医療受給者証などは確認後、その場にてお返しいたします。なお、保険証等をお預かりすることはございません。
  • 入院中に健康保険証などに変更があれば、速やかに総合受付へご提出ください。ご提出がない場合、保険扱いができないことがあります。
  • 70歳未満の方は、「限度額適用認定証」を総合受付にご提示されますと、窓口でのお支払額が少なく済む場合があります。入院の前にご加入の保険者にお問合せのうえ、総合受付までご提示ください。

高額療養費制度について  >

3入院病棟へのご案内

担当者が入院病棟、病室までご案内いたします。

入院生活

入院中の生活についてご案内します。

食事
朝食 7:45〜
昼食 12:00〜
夕食 18:00〜
  • 病状、症状に合わせた食事(例 流動食 糖尿病食 嚥下食など)をご用意いたします。
  • 食欲がないなど食事がなかなか摂取しにくい方には、管理栄養士が、嗜好を配慮し、食事摂取量がアップできるように援助いたします。
  • お届けしましたお食事は、すぐにお召し上がりいただきますようお願い申し上げます。長い時間、室温で置いておくことは、食中毒防止のためにもお避け下さい。
  • 常食の方を対象に、週2回、昼食と夕食の主菜のメニューを2種類ご用意し、食事の選択(選択食)をしていただいております。入院中でも、食事が選択できるという楽しみのひとつになるように工夫しております。前日の昼食時に申し込み用紙を配布いたしますので、ご利用ください。
  • 食事をお届けしている方が、誕生日を迎えられましたら、栄養科より心ばかりのお祝いとして、ケーキやフルーツの盛り合わせとお祝いカードをお届けしております。
  • クリスマスなどのイベント時には、季節料理に手作りカードを添えて、入院中でも季節を感じて頂けるようにしております。
  • 2週間に1回、木曜日の昼食時には、栄養クイズの「解いてみようカード」を配布し、栄養に関心を持っていただけるようにしております。

栄養指導(予約制)

医師の指示のもと、入院中の食事内容や退院後の食事について説明を行っております。管理栄養士が、患者さんの病態やライフスタイルに合わせてお話いたします。
ご希望の方は、担当医または、看護師にお申し出ください。

入浴

共用浴室のご利用は、下記のように男女別に入浴時間が決まっています。水曜日はご希望の方はシャワー浴が可能です。ご希望の方は、看護師までお申し出ください。 土・日曜日・祝日の入浴・シャワー浴は、治療上、許可のある患者さん以外はご使用できません。入浴は17:00までにお済ませください。個室での入浴は、消灯まで(21:30)までにお済ませください。

一般急性期病棟

利用時間
13:00~
15:00
男性 (入浴) 女性 (入浴) シャワー浴 男性 (入浴) 女性 (入浴)
15:00~
17:00
女性 (シャワー浴) 男性 (シャワー浴) 女性 (シャワー浴) 男性 (シャワー浴)

地域包括ケア病棟

利用時間
9:00~
17:00
介助浴(入浴) 介助浴(入浴) シャワー浴 介助浴(入浴) 介助浴(入浴)

 

点灯・消灯時間
点灯 6:00〜
消灯 21:30
ネームバンド

入院時に本人確認のためネームバンドを装着させていただいております。注射・点滴・薬をお渡しする時、また、手術・検査・処置を行う際に、ご本人確認のために利用させていただきます。

盗難防止

盗難予防のため、多額の現金や貴重品はお持ちにならないでください。床頭台の引き出しにセーフティボックス(金庫)を設置しております。鍵は放置せずご自分で管理し、退院時には金庫の鍵収納スペースにお返しください。 なお、鍵の紛失、破損の場合は実費相当を徴収させていただきます。病院内での紛失、盗難につきましては責任を負いかねますので、充分にお気をつけください。

転倒転落防止

入院生活は、住み慣れた家庭とは大きく環境が変わります。環境の変化と病気やケガによる体力や運動機能の低下が合わさって、思いもかけない転倒・転落事故が起こることがあります。充分に注意して療養環境の整備に努力してまいりますが、結果として深刻な事態を招く恐れがある場合には、安全用具の装着をお願いすることがあります。 患者さん、ご家族の方のご協力が必要になりますので、ご理解をお願いいたします。

防災

病室からの避難経路と非常口の場所をご確認ください。火災・異臭などに気づいた時は速やかに職員までお知らせください。火災や地震などの非常時には、院内の非常放送、非常ベルなどでお知らせいたします。あわてずに職員の指示・誘導に従って避難してください。

お願いと注意

入院中の注意事項をご案内します。

貴重品の管理について

多額の現金や貴重品はできるだけお持ちにならないようにお願いいたします。現金や貴重品は、盗難防止のため、床頭台のセーフティーボックスをご利用いただき、施錠の上、鍵の管理をお願いいたします。

電話について

携帯電話、スマートフォンなどの使用についてはマナーを守り、周りの方の迷惑にならないように十分にご配慮ください。特に、病室内での通話はお控えください。公衆電話を病棟デイルーム、1階ロビーに設置しています。

喫煙について

病院の敷地内はすべて禁煙となっておりますのでご協力をお願いいたします。

入院中の他医療機関への受診について

入院中に他の病院・医院を受診したり、お薬をもらってきたりすることは原則としてできません。他院のお薬を服用されている患者さんは、定期処方薬を持参して入院して頂きますようお願いいたします。 入院期間中、持参薬がなくなる場合や、他医療機関の予約が重なっている場合は、あらかじめ主治医・看護師にご相談ください。 入院期間中、医師の判断にて他院を受診していただく場合があります。他院を受診していただく場合、医師より診療情報提供書をお渡しします。この手続きがない場合は、全額自費での診療となりますのでご注意ください。

付き添いについて

入院中のお世話は看護師がいたしますのでご安心ください。ただし、ご家族においでいただくことで患者さんが安心して療養できる場合もございますので、ご希望がある場合は病棟看護師にご相談ください。

退院について

広島記念病院では、地域の医療施設が役割分担し、協力して医療を完結する「地域完結型の医療」を目指しています

医学あるいは医療における進歩のスピードは近年ますます加速し、その専門分野は高度になるとともに機能が細分化され、一つの医療施設では医療を完結させるのはもはや困難となっています。 広島記念病院では、地域の医療施設が役割分担し、協力してその地域の実情、ニーズに合った医療を提供する「地域完結型医療」体制を目指しています。

当院では、専門性の高い診療、高度な手術を要する医療を提供することが地域での役割と考え、専門性・緊急性医療の状態を過ぎた場合は、かかりつけ医の先生方や、療養型やリハビリテーション病院など、その状態にあった医療施設での診療をお願いし、また当院での診療が必要になれば常時受入できる体制をとっています。

地域で連携して医療を提供することと当院の地域における役割をご理解いただき、退院や転院などの医療連携にご協力をお願いいたします。

退院の手続き

退院の許可
担当医の判断により退院の許可が出ます。
退院時間
退院は原則として午前中とさせていただきます。
留意事項の確認
担当医や看護師に退院後の留意事項などをご確認ください。
入院費の支払い
退院日に1階会計窓口にて入院費をお支払ください。

よくある質問

相談について

Q医療費の支払、介護保険や社会福祉について相談したい。

A相談窓口として1階ロビー患者相談支援室にてコンシェルジュ・サービスを行っています。まずはお話しをうかがう窓口としてご利用ください。

Q不安や悩みについて相談したい。

A担当医や看護師、患者相談支援室にてご相談をお受けします。

患者相談支援室 >
駐車場について

Q入院中は駐車できますか?

A入退院時に患者さんご自身が車を運転されると、お体に負担がかかって危険が生じることがあります。原則として車の乗り入れはご遠慮願います。

Qお見舞いでも駐車料金の割引できる?

Aお見舞いの方の割引はございません。

Q手術の立ちあいで来院したが、駐車料金の割引はできる?

A病棟スタッフステーションにて駐車料金割引票を発行いたします。外来診療中は1階会計窓口、時間外診療中は1階夜間受付窓口で手続きを行っています。

駐車場について  >
院内設備について

Q院内にATMはないの?

A1階総合受付隣りに設置してございます。ご利用ください。

Q院内にインターネット接続、Wi-Fi環境は整備されていますか?

Aご利用できません。

Q携帯電話は使えますか?

A携帯電話の使用は、建物内では、デイルーム、病棟個室、屋上庭園をご利用いただき、それ以外の場所でのご使用はお断わりいたしております。公衆電話を病棟デイルーム、1階ロビーに設置しています。

Qパソコンは使えますか?

Aパソコンは、周囲の方へご迷惑にならない範囲であれば使用していただいても差し支えありません。

入院手続き・費用

Q入院の手続きはどうする?

Aご入院が決まった後、2階入退院支援室にて詳しくご案内いたします。
入院の手続き  >

Q入院費の概算を知りたい。

A病名や治療の内容がある程度決まりましたら、概算の金額をお伝えすることが可能です。入院申し込みの際に、入退院支援室でお尋ねください。入院中の方は、病棟看護師または病棟クラークまでお声かけください。退院日までに概算の全額をお知らせいたします。

診断書について

Q診断書の申し込みや受け取り場所はどこですか?

Aお申し込みは、「2階 各診療科窓口」にてお受付いたします。お受け取りは、「1階 総合受付」にてお願いします。なお、入院患者さんの診断書のお申し込みにつきましては、外来の混雑が予想されますので、13:00~17:00の時間帯でお願いいたします。

Q診断書の発行はどれくらい期間がかかるのですか?

A診断書の作成、発行まで通常2週間程度のお時間をいただいております。病理診断が診断書作成に必要な場合は、診断結果を待って作成を行いますので、さらにお時間をいただく場合がございます。

Qすぐに診断書を発行してほしい

Aお急ぎの場合は、1階 総合受付でご相談ください。

Q診断書に関する問い合わせ先はどこですか?

A診断書の発行手続きなどについてのお問い合わせは、1階 総合受付 でお尋ねいただくか、082-292-1271 までお問い合わせください。

診断書の手続き  >

入院生活に関して

Q付き添いで病室に宿泊することは可能ですか?

A入院中のお世話は看護師がいたしますのでご安心ください。ご家族においでいただくことで患者さんが安心して療養できる場合もございますので、付き添いのご希望がある場合は、病棟看護師にご相談ください。

Q外泊・外出はできますか?

A外泊や外出は担当医の許可書が必要となります。外泊、外出をご希望される場合は担当医又は看護師にご相談ください。

Qテレビ・冷蔵庫は利用できますか?

A各ベッドにカード式テレビを設置しております。テレビカードは、各病棟デイルームで購入可能です。テレビ視聴の際は、他の患者さんの迷惑にならないようイヤホンをご使用ください。イヤホンは売店でもお求めになれます。テレビ、電話のご利用は、21:30~翌朝6:00の間はご遠慮下さい。テレビカードは2階エレベーター横の自動精算機で返金が可能です。 入院患者さんの個人用冷蔵庫として、談話室にコインロッカー式のコールドロッカーを設置しております。売店(地下1階)でご契約いただき、ご利用ください。個室には、冷蔵庫が常備されています。

Q電気製品の持ち込みはできますか?

A電気製品をお持ちになってご使用される場合は、次のことにご留意願います。

  1. 使用できる電気製品は、電気かみそり、携帯電話充電器など入院生活に必要な最低限のものに限らせていただきます。その他の電気製品はスタッフステーションへご相談ください。
  2. 延長コードや二股コンセントの使用は禁止いたします。
  3. 医療機器用の常時電源は使用しないでください。
  4. 電気製品の使用にあたっては、他の患者さんの迷惑にならないようご配慮ください。

Q洗濯はできますか?

A各病棟には洗濯機、乾燥機を設置しております。8:00~20:00までご利用可能です。100円硬貨にてご利用ください。

Q出張理容・美容サービスはありますか?

A毎週金曜日、9:30~ 病棟で出張理容・美容サービスをご利用になれます。ご利用日前日までにデイルームに設置してある予約受付票にご記入ください。

Q病院から郵便を出すことはできますか?

A切手・はがきは、地下1階売店で販売しています。ポストは西側出入口に設置しています。

その他

Q入院患者さんの病棟を調べてほしい時は、どこで聞くことができますか?

A1階総合受付または夜間受付窓口にてお調べしています。ただし、個人情報保護のためご本人のご希望でお教えできない場合があります。

その他の質問はコチラ  >

SITEMAP

Copyright © Hiroshima Memorial Hospital. 
Web Produced By