Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

HMネット

広島の病院と薬局が連携したネットワークで、患者さんの負担を減らし、安心・安全・均質な医療を提供します。

「HMネット」とは、広島県と広島県医師会が構築し運営するひろしま医療情報ネットワーク(Hiroshima Medical Network)の愛称です。
HMネットに参加した病医院や薬局ではあなたの診療情報を共有することで肉体的、経済的、精神的な負担を軽減し、安心、安全、均質な医療を提供します。

HMネットについて  >

情報開示カード(診療情報開示カード)

情報開示カードは情報開示病院のあなたの診療情報を他の病医院の医師に診てもらいたい場合に情報開示病院で発行を受けるカードです。
カードを他の病医院に提示すると、カードを発行した病院のあなたの診療情報が他の病医院の医師に開示されます。

情報開示カードを利用するメリット

  1. 診療情報開示病院の診療情報や薬局の実処方を参照できる。
  2. HMネットで稼働中のグループウェア(オンラインお薬手帳、地域連携サイバーパス、共同在宅診療支援システム、在宅医療・介護支援システム、ファイル開示相談システム、HMメールなど)のほか、今後県医師会、地域市医師会、任意団体等で構築されるコンテンツが利用できる。
  3. 検査や投薬の重複を防ぐことができるため、肉体的、経済的な負担が軽減します。
  4. 薬剤禁忌やアレルギー情報などが共有されるため、医療の安全性が向上します。
  5. フィルムや資料を持ち運ぶ手間が省けます。

複数医療機関の治療方針や説明が一致するため、安心して診療を受けることができます。

情報開示カードの発行と利用

情報共有で守るあなたの健康!

HMネットに参加している情報開示施設で、情報開示カードの発行を依頼してください。
同意書と引き替えに情報開示カードが発行されます。
あなたの診療情報を診てもらいたい医療機関でカードを提示してください。

SITEMAP

Copyright © Hiroshima Memorial Hospital. 
Web Produced By