Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

薬剤科のお仕事。

患者様一人一人に適した形で調剤します。

業務内容

処方箋の内容について、相互作用(飲み合わせ)・副作用・量・飲み方・使い方・重複投与などのチェックを行います。
薬歴

複数の診療科にかかっていて、それぞれの処方が適切であっても、一緒に使うと相互作用が起こる可能性があります。これを未然に防ぐために、薬歴を管理しています。これを基に、患者さまが安心して服用・使用できるよう正確かつ迅速に、調剤を行い、別の薬剤師が再確認(チェック)を行います。

調剤システム

調剤支援システム(薬袋自動印字システム、全自動錠剤分包機、散薬自動分割分包機、薬剤情報提供機器など)を導入し、正確性・効率性・合理性の向上に努めています。外来においては(基本的には院外処方箋)、70歳以上の方で、異なる種類のたくさんのお薬をもらわれている方、また、手が不自由で、御自分で取り出すのが難しい方には、原則、錠剤を一包化しています。患者さまのご希望をなるべく取り入れ、個々に対応した調剤を行っています。また、入院患者さまには、基本的に全員の方のお薬を、一包化しています。
患者さまのコンプライアンスの向上を考え、適切な調剤とサービスの向上に努めています。

薬剤情報提供

カラー写真入りの薬の説明文書を作成し、薬剤情報の提供をしています。

お薬相談

お薬お渡窓口・お薬相談コーナーにおいて、服用・使用方法や使用上の注意事項などを、説明するとともに、患者さまからのご相談にお答えいたします。また、電話での問い合わせにも対応しております。お気軽にご相談下さい。

製剤

必要に応じて、病院独自の製剤を行います。
たとえば、市販されていない各種消毒薬、軟膏、点眼剤、含嗽剤、外用液剤などがあります。

抗がん剤無菌調製業務

薬局内に安全キャビネットを設置し、抗がん剤の無菌調製を行っています。がん化学療法を施行するには、事前に化学療法委員会で内容を検討した後、電子カルテに登録しておく必要があります。薬剤科はその登録から管理まで責任をもって行っています。

薬剤科のお仕事

医薬品の管理と供給に関する業務

病院内において、医薬品(一般薬品、麻薬・向精神薬、毒薬、劇薬)の購入と保管、管理を行います。特に、品質の管理(温度、湿度、光など)には万全を期しています。
また、血液を原料とする医薬品については、製造番号や使用した患者様、投与量などを20年間にわたって管理します。
薬剤の供給・品質管理・安全確保のような物質を中心とした業務は、患者さまから直接的には、見えにくいものですが、患者さまへの薬物療法の根幹をなす重要な業務です。

病棟薬剤業務・薬剤管理指導業務

「何のための薬?」、「どんな効き目があるの?」「この注射は?」、このような疑問や、不安な気持ちになられたことはありませんか。
病院薬剤師は、入院された患者さまのベッドサイドに出向き、お薬の飲み方、使い方、使用上の注意などの情報提供(服薬説明)を行います。また、お薬による副作用、相互作用(飲み合わせ)などの安全面のチェックも行っています。主治医と薬物療法に関する協議を行うことで医療の安全と質に関わっています。
薬剤管理指導業務(調剤・医薬品管理・情報管理・薬歴・入院患者さまへの服薬支援など)は、患者志向のファーマシューティカルケアであり、薬剤の総合的管理業務と位置付けられています。

チーム医療

患者を中心に多職種が集まり、それぞれの専門性を発揮し、協働で治療にあたります。当院のチームには、医療安全、クリニカルパス、感染、NST、褥瘡、緩和などがあり、すべてのチームで薬剤師が活躍しています。院内ラウンドを行ったり、院内講師を務めたりしながらその専門性を発揮しています。

SITEMAP

Copyright © Hiroshima Memorial Hospital. 
Web Produced By