Now Loading...
とじる
とじる
iQUICK HELP
とじる

当院の紹介

シンボルマーク

広島記念病院シンボルマーク

理念である「安心の心」「満足の心」「信頼の心」を3つのハートが表現。

病院長挨拶

安心、信頼、満足感の得られる病院を目指して

病院長 宮本 勝也

最近医療は大きく変わろうとしています。超高齢化時代を迎えるにあたって病院の機能分化・強化、連携、在宅医療・介護の充実が必要とされています。その中で当院の役割は何か。まずは機能分化・強化の一環として消化器疾患に特化した病院であることです。消化器センターを設立し、専門的、効率的そして高度な医療を提供致します。

中規模病院であることの特性を生かして、患者さんを待たせない迅速な検査・治療が可能です。広島における消化器疾患のトップランナーを目指しています。そしてもう一つは在宅医療・介護の充実のため、地域包括ケアシステムの一役を担うことです。

地域の中枢病院として、在宅療養中の患者さんの入院医療を行うとともに、在宅復帰に向けた支援を行います。かかりつけ医の先生とともに在宅療養を支えます。患者さんが安心して受診できるやすらぎの環境を整備し、信頼と満足感の得られる最高の医療を提供するのが我々の使命です。そのために職員一人一人が志を高く掲げ、患者さんにこの病院を選んで良かったと思って頂ける病院づくりを目指しています。

幹部紹介

「患者さまの心に寄りそう医療」を

診療部長 総合内科医長 赤木 盛久

診療部長 総合内科医長 赤木盛久

生活習慣病を含めて、胃腸疾患・内視鏡治療を主体に幅広い診療を行っています。今後われわれを取り巻く医療情勢は、より高齢化する社会、分化と強化を求められる病院機能、医師数の減少などきびしいものがあります。しかし、医療環境が著しく変化する時代だからこそ、「患者さまの心に寄りそう医療」という原則に立って、より安心できる質の高いチーム医療を提供できるよう心がけています。これからも急性期を担う地域の基幹病院として、必要不可欠な病診連携に積極的に取り組み、広島記念病院の諸先輩方が長い間培ってきた皆様との信頼をより発展させ地域医療への貢献を積み重ねていきたいと考えています。

トータルで優しい医療をめざして

診療部長 外科医長
地域包括ケア病棟医長 坂下 吉弘

胃がん、大腸がんをはじめとした消化器外科手術を中心に、多くの患者さんを診させていただいております。その中で特に重要と考えているのは、チーム医療の実践です。一人の患者さんを中心に、多職種のメンバーが集まり、細かいところまで行きとどいた医療が行えるよう心がけております。また、当院には地域包括ケア病棟を設けていますので、急性期医療を行いつつ回復期には在宅復帰支援も行い、トータルで優しい医療を提供できるよう努力しております。

「やすらぎの環境」を

事務部長 宮原 栄

私は地元広島を皮切りに、札幌、東京の地を経て、平成28年4月1日付で事務部長に就任いたしました。 当院の経営理念にもあります「やすらぎの環境」を時代に合った形で提供していくことができるよう、また、地域へ貢献できることは何かということを自らに問いかけながら、病院運営をしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

患者の思いを支援できる看護部へ

看護部長 永安 千春

看護部長 永安 千春

このたび、看護部長を拝命いたしました永安千春と申します。当院の看護部は、「患者さんが住み慣れた地域で暮らすことができるように支援する」ことを大切にしております。そのためには、確かな技術と専門的知識を備えるだけでなく、生活者として地域に目を向けられる看護師の育成を目指しております。また、社会の変動や地域のニーズに対応できる強固でしなやかな看護部を創っていきたいと考えております。看護部が一丸となり、病院の理念である「安心・満足・信頼の心」を提供できるよう取り組んでいきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

社会適応(復帰)を目指した心温まる介護を

介護老人保健施設(記念寿)施設長 広島記念病院名誉院長 中井 志郎

日本は、2060年迄、4人に1人が75歳以上になる超高齢化の社会に向かっています。平均寿命も95歳に延びようとしています。認知証、加齢性筋肉減少症、虚弱症候群等の老化を予防して健康寿命を延長することが大切です。介護社会において、在宅介護だけでは、介護疲れに陥ります。記念寿は、『社会適応(復帰)に向けて心身の自立を支援するとともに、健やかに、美しく、安らぎのある生活を実現するために心温まる介護を提案する』を理念としています。第二の家庭と考え利用してみてください。

理念/基本方針/患者さんの権利

メッセージ

みなさまに求められる医療を追求し、
より豊かな地域社会を実現することを約束します。

ミッション&ビジョン

医療のかたちをみなさまとともに創り、人と社会にもっと元気と潤いを広げていく。 専門性の高い高品質な医療を追求する。 スタッフが喜んで働ける環境を提供し、チームとして革新的な医療に取り組む。 私たちの目標は、みなさまに信頼される地域医療のリーディングホスピタルになることです。

理念

患者の皆様が安心して受診できるやすらぎの環境と、満足や信頼の得られる最良の医療サ-ビスを提供すること。

基本方針

1.安全で良質な医療を安定的かつ恒常的に提供します。

2.地域における機能分担と連携の確保を図りながら地域医療に貢献します。

3.情報の共有化と効率化を目指し医療のIT化を促進します。

患者さんの権利

1.安全で良質な医療を受ける権利

 患者さんは、一人ひとりの人間として尊厳され、安全で質の高い医療を公平に受ける権利を持っています。

 

2.十分な情報と説明を得て医療を選択し自己決定する権利

 患者さんは、ご自身の病状や治療・検査について、分かりやすく、納得できるまで十分な説明を受けることができます。十分な説明を受けた上で、検査や治療を自ら選択することも、拒否することもできます。
また、医療行為の選択にあたっては、他の医療機関の意見(セカンドオピニオン)を聞くことや医療機関を自由に選択することができます。

 

3.個人情報とプライバシーが保護される権利

 患者さんは、診療の過程で作成された記録や個人情報、プライバシーについて厳格に守られ、承諾なしに第三者に開示されません。また、患者さんは、ご自身の診療記録の開示を求めることができます。

病院概要

広島記念病院概要
名称 国家公務員共済組合連合会 広島記念病院
所在地 〒730-0802 広島市中区本川町一丁目4番3号
TEL (082)–292–1271 (代表) FAX (082)–292–8175
病院長
宮本 勝也
創立年月日 昭和25年8月1日
開設者 国家公務員共済組合連合会 
理事長 松元 崇
構造 鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造 
地上8階 地下1階 機械室及び塔屋2階
施設概要 敷地面積/3,089.11m2 
建築面積/11,623.70m2
診療科
  • 内科
  • 消化器内科
  • 内視鏡内科
  • 胃腸内科
  • 肝臓内科
  • 循環器内科
  • 外科
  • 消化器外科
  • 内視鏡外科
  • 食道外科
  • 胃外科
  • 大腸外科
  • 腹部外科
  • 肝臓外科
  • 腫瘍外科
  • 乳腺外科
  • 肛門外科
  • 小児科
  • 婦人科
  • 耳鼻いんこう科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 眼科
  • 放射線科
  • 放射線診断科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • アレルギー科
  • リハビリテーション科
  • 排便機能外来
病床数 急性期病床 149床 
地域包括ケア病床 51床
一般病床の
1床あたりの面積
個室 11.1~15.1m2 
※特別室除く 多床室 6.8m2以上
(平均8.02m2
職員数 299人 (2019年4月1日現在)

医師: 28人 看護師: 180人
看護補助者: 12人 薬剤師: 7人
診療放射線技師: 5人 臨床検査技師: 15人
臨床工学士: 1人 理学療法士: 7人
管理栄養士: 1人 ソーシャルワーカー: 3人
事務: 38人 介護福祉士: 2人

当院の歩み・沿革

沿革
昭和22年12月 在外同胞援護会で発足
昭和25年8月 外務省所管在外同胞援護会から非現業共済組合へ移管(病床数44床)
昭和35年10月 増改築工事(病床数172床)
昭和36年12月 総合病院の許可を得る
昭和37年10月 看護婦宿舎新築
昭和49年7月 西館(管理棟及び病棟)を新築(病床数250床)
昭和63年9月 広島合同庁舎診療所開設(内科・歯科)
平成4年4月 立体駐車場竣工
平成4年10月 全面建て替え工事着手
平成5年5月 仮病棟「広島記念病院分院」新築(病床数110床) (現老健記念寿及び歯科診診療所)
平成6年1月 本院第一期工事着工
平成8年4月 本院第一期工事竣工(病床数248床)
平成10年5月 本院第二期工事竣工(病床数250床)
平成12年3月 日本医療機能評価機構認定
平成12年4月 「介護老人保健施設 記念寿」及び「広島記念診療所」(歯科)開設
平成15年8月 電子カルテシステム稼動開始
平成17年3月 日本医療機能評価機構認定更新
平成18年6月 医療費制度・DPCによる包括評価方式導入
平成19年5月 看護師配置 一般病床 7対1 取得
平成21年2月 地域医療支援病院の名称使用承認
平成22年3月 日本医療機能評価機構認定更新
平成25年8月 急性期看護補助加算(50対1)承認
平成27年4月 地域包括ケア病棟開設
平成27年5月 日本医療機能評価機構認定更新
平成28年5月 消化器センター設立
平成28年12月 許可病床数200床(50床返還)
平成31年2月 内視鏡センター設立

関連施設

広島合同庁舎診療所
合同庁舎診療所

住所
〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀6−30 広島合同庁舎3号館 4F

電話
082-221-9411

診療受付時間
■内科(月・金のみ)
平日 8:30~11:00/13:00~16:00
■歯科
平日 8:30~11:00

休診日
土曜、日曜、祝祭日 8月1日(病院開院記念日) 年末年始

診療科
内科・歯科

広島記念診療所(歯科)
記念樹/歯科

住所
〒730-0805
広島市中区十日市町一丁目6番8号

電話
082-294-8400

受付時間
8:30~17:15 土・日曜日、祝日、年末年始、8月1日(開院記念日)を除く

専門分野
冠、橋義歯(クラウン、ブリッジ)、全部床義歯(総入れ歯)局部床義歯(部分入れ歯)、顎関節症などの補綴診療

診療の特徴
補綴診療だけでなく、歯科一般、小児から高齢者まで幅広く診療を行っています。 一般外来のほか、記念病院の入院患者さん、記念寿の入所者様への歯科治療など、関連施設とのスムーズな連携を行っています。

介護老人保健施設記念寿
記念樹

住所
〒730-0805
広島市中区十日市町一丁目6番8号

電話
082-294-7858

受付時間
8:30〜17:00 月〜金曜日

サービス

  • 入所サービス
  • 短期入所療養介護サービス
  • 通所リハビリテーションサービス

サービスの特徴

短期入所も気安く利用でき、交通の便がよい都市型の施設です。 和風感覚に包まれた、明るい家庭的な雰囲気の中で療養していただけます。 ご利用者様が治療や入院が必要となった場合、協力病院として広島記念病院を指定しておりますので、万一の場合に迅速に対応できます。

市民公開講座・研究会のご案内

広島記念病院では、市民の方へ医療に関する知識をご提供する「市民公開講座」と医療関係者へ向けた「研究会・勉強会」を行っています。 開催日時や今後の予定に関しては、以下よりご確認ください。

当院に関する情報公開

広島記念病院に関する詳しい情報は、下記のリンクよりご確認ください。

当院は「医療法における病院等の広告規制」を遵守しています。

SITEMAP

Copyright © Hiroshima Memorial Hospital. 
Web Produced By